基礎代謝とエネルギーの関係とは?

ダイエットや体重のコントロールをしたいと思う時には、食品のカロリーを考えるだけではなくて、自分の基礎代謝がどれぐらいになるのかも考えてみましょう。

基礎代謝というのは、人間が生命活動をするために1日に必要最低限使うエネルギーです。1日の総合消費エネルギーの70%を占めていて、残り30%は活動することで消費されます。

年齢が上がるにつれて筋肉の量が減るので、基礎代謝はどんどん減っていきます。

そうなると、使われるエネルギーがどんどん減ってしまうので、食事から取り入れるカロリーが多くなってくると、消費しきれずに余っていってしまって体重が増えてしまう事になります。

食べる量が変わらなくても、加齢に伴ってボディラインが何となく変わってきたと感じる時には注意した方がいいでしょう。痩せたいと思っているのであれば、基礎代謝も上げていかなくてはいけません。

激しい運動をするのではなくて、毎日少しずつでも筋肉量を増やせるようなストレッチやトレーニングをしていくのです。活動をしていなくても消費されるエネルギーが増えれば、カロリーを取っても消費されていきます。

食事も運動もしながら、健康的な体作りをすることで基礎代謝も上がっていくでしょう。

a

基礎代謝が低下する原因は何?

基礎代謝が低下するのには、様々な原因があります。基礎代謝とは、体を動かしていない状態でも消費されるエネルギーのことをいいます。

これは、呼吸をしたり心臓を動かしたり、体温を一定に保つといった生命を維持するために使われるエネルギーです。ですから基礎代謝が低下すると、エネルギーがあまり消費されないことになります。

そのため、太りやすくなってしまうのです。

低下する大きな原因の1つには、冷えや低体温があると言われています。基礎代謝は体温維持にも使用されているため、体温が低いと消費するエネルギーの量が少なくてもよくなります。

体温が1℃下がるだけで、代謝は13%も落ちてしまうことが分かっています。

普段の体温を上げるためには、冷たい食事や飲み物を避けたり、体を温めてくれる作用のある生姜や根菜類を食べたり、お風呂はシャワーですませずに湯船にゆっくり浸かるなどの方法が効果的だとされています。

また、もう1つの原因は運動不足などで筋肉量が低下していることがあります。筋肉は基礎代謝の18%を消費していますが、筋肉量は年齢とともに自然に衰えていくのが普通です。

ですから、普段から意識して筋肉量を維持するようにする必要があります。

b

基礎代謝の量を増やすにはどうしたらいい?

基礎代謝とは、生きていく上で必要最低限のエネルギー量のことを言います。個人差はありますが、1日の総消費エネルギー量=基礎代謝(平均7割)+生活活動代謝(平均3割)で求められます。

年齢別のへ基礎代謝ですが、18歳から29歳の男性は1,550kcal/日、女子は1,210kcal/日、30歳から49歳の男性は1,500kcal、女性は1,170kcal。

50歳から69歳の男性は1,350kcal/日、女性は1,110kacl/日、70歳以上の男性は1,220kcal/日、女性は1,010kcal/日となっています。

1日に消費されるエネルギーは、日常生活の質や運動にもよって異なります。基礎代謝の量を増やすことが出来れば、痩せやすい体を作ることが可能です。

ダイエットをしていく上ではとても重要なファクターとなります。基礎代謝の量を増やす方法ですが、代謝の中で最もエネルギーの消費量が多いのは筋肉になります。

筋肉を鍛えて筋肉を増やすことが重要になってきます。そうすることで代謝が上がり、太りにくく痩せやすい身体を作っていくことが出来ます。

逆を言えば、筋肉が少なくて脂肪が多い人は、太りやすくて痩せにくい身体であるということが出来ます。

c

20代は上げておく最後のチャンス?

20代の平均基礎代謝はいくらかご存知ですか?性別や身長体重によって異なりますが、1日平均は男性で1,440kcal、女性で1,180kcalです。

基礎代謝はダイエットや健康を維持するためにも重要なポイントですが、年齢とともにぐんぐん下がっていってしまうものなのです。

そんな基礎代謝のピークは10台後半、早い人は10台前半です。20代になると右肩上がりだった基礎代謝は、下降に転じてしまいます。

そして、40代ごろになるとガタっと下がって太りやすくなってしまうのです。それでも20代は下がり始め。まだまだチャンスはあります。

今のうちから適度に運動をして代謝を上げておけば、年齢を重ねても代謝の減少値を減らすことができます。

女性の中には筋肉がついて太くなってしまうのを嫌がり、運動ではなく食事制限だけでダイエットをする方も多いですが、それでは基礎代謝が上がらず、年齢を重ねていくにつれて体型維持も困難になります。

脂肪は放っておいても落ちませんが、筋肉は使わなければすぐに落ちてしまいます。筋トレがキツくて苦手だと思う方は、ゆっくり体を伸ばすストレッチやヨガから始めて見てはいかがでしょう?

急激に筋肉がつくこともありませんし、寝る前に深く呼吸をしながらストレッチすると眠りやすくなりますよ。

d

基礎代謝が低下すると、太りやすくなる?

基礎代謝が低下すると、消費されないカロリーが体にたまっていくことにつながる可能性がありますから、太ってしまうこともあり得ます。

太ると、体が重く感じ、動くのが億劫になり、さらに太るといった悪い循環が生み出される恐れもあります。

そうならないためには、対応をしていくことです。体を動かすのはもちろんのこと、摂取するものを積極的に変えていくことも大事ですね。

ただし、体を単に動かすだけでは、効率的に体脂肪を落とすことは困難です。

できれば、体脂肪を落とす運動・筋トレにはどんなものがあるのかを事前に調べてから行う事が最善です。

こちらのサイトは、体脂肪を落とす方法について説明してくれています。

是非、参考にしてみてください。

体脂肪を落とす運動・筋トレにはどんなものがある

必ず、あなたのお役に立つと思います。